top of page
商業ビル
災害補償・休業補償

建物などが、火災、地震、天災、不測の事故などによって損壊したときの、復旧費や休業損害を補償します。腐食、故障、雨漏りといった経年劣化によるものなどは免責となっています。

地震保険について

地震保険は住宅用・住宅以外用の2種類があります。住宅用は国と保険会社が運営しており、どの保険会社で加入しても内容は同じです。注意点として補償は住宅の価値の50%までですので被害額の満額は補償されないうえ、主要構造部の補償ですので「外壁タイルが剥落した」などは対象となりません。

そして住宅以外、つまり事業用の建物の地震保険は、国は関わらず各保険会社の運営となります。住宅用と違い、損害はほぼすべて対象となりますが、注意点として保険会社によって「震度6強以上」などの制限がある場合があります。

損害の計算

①復旧費の計算

​被災部分の解体および撤去費用、修理費、再建費などを合算します。ただし被災前よりグレードアップした分は対象となりません。また、自社施工によって復旧した場合は消費税抜きの額を補償します。

②利益・休業損害の計算

休業損害は、休業期間中のいわゆる粗利益となります。

主な保険商品と対象

​※一般的な内容を記載しています。詳細は保険会社ごとにより異なります。

住宅火災保険

住宅物件を対象としたシンプルな補償

住宅総合保険

住宅物件を対象としたオールリスク補償

普通火災保険

企業を対象としたシンプルな補償

店舗総合保険

企業を対象としたオールリスク補償

パッケージ保険

現在殆どの保険会社のメイン商品

企業財産包括保険

​企業を対象とした複数物件を包括補償

動産保険

動産を対象としたオールリスク補償

機械保険

機械を対象とした電気的事故まで補償

利益保険

​企業を対象とした利益の減少を補償

休業補償保険

​企業を対象とした休業損失を補償

地震保険

住宅物件を対象とした地震損害のカバー

地震補償保険

​企業を対象とした地震損害を補償

bottom of page